【アーユルヴェーダのハーブ〇〇〇の放射線防御効果】

【アーユルヴェーダのハーブ〇〇〇の放射線防御効果】

 

太古の賢者はどうしてこの植物が命を長らえると知ったのだろうといつも不思議だ。

「トリファラー」長寿薬として有名なアーユルヴェーダのハーブ。

横浜市立大学の研究者、三木健輔氏&高氏裕貴氏の研究によると、

致死量の放射線をマウスに照射後、

  • 対照群
  • アーユルヴェーダのハーブを投与したマウス群

マウスをこの2群わけて致死の経過を比較するという研究。

対照群は半数以上のマウスが死亡したのに対しアーユルヴェーダのハーブを投与した群はなんと生存率が80%にまで上昇した。

優位にトリファラーの放射線からの防御効果が証明された研究である。

放射線によるフリーラジカルの発生を抑え、生体の生存を保護するのが作用機序ではないかという考察。臓器レベルだけでなく細胞レベルで保護作用を発揮するのが特徴。

細胞毒性の強いブレオマイシンなどの抗がん剤と併用することによって抗がん剤の副作用も抑えられる効果が期待されると三木氏は語る。

間違いなく放射線の影響は恐ろしい。

しかし、怖い怖いと言っていても確かにいいこともない。

この際、とリファラーでも飲んでみよう。と思い立つのもいいかもしれない。